所有しているマンションを貸したい、という人が増えています

個人間での貸し借りはトラブルの可能性も

そのように、家賃が発声する賃貸契約が発生した場合には、個人間での貸し借りはトラブルになる可能性もあり、きちんとした会社を通して契約を交わすことが大切ですたとえば転勤で二年後に帰ってくることがほぼ決まっている場合には、その場所に今住んでいる住人に期限を設定して貸すことになります。
そういった場合には相場よりも少々安めに家賃を設定しておくなどのメリットを織り込んで、退去・引越しを前提として貸すことになります。
また、明確な明け渡し期限を明示せずに長期にわたって貸す場合には人の生活で部屋が荒れることもあります。
経年劣化はオーナーの責任で補修することになりますが、住み方が悪くて壁や床、配管などの設備が傷むこともあります。
そういった場合の補修方法(退去時の原状復帰)に関する明確な条件を設定しておかなければなりません。

空き家状態の戸建やマンションが増えている / 個人間での貸し借りはトラブルの可能性も / 空き住宅の有効活用が地域経済の発展にも