所有しているマンションを貸したい、という人が増えています

空き家状態の戸建やマンションが増えている

空き家状態の戸建やマンションが増えている / 個人間での貸し借りはトラブルの可能性も / 空き住宅の有効活用が地域経済の発展にも

新築のマンションや戸建住宅が増えると同時に、オーナーの死亡やそれにまつわる相続などで所有権を得てはいるものの、今住んでいない物件や、または転勤などの事情で住めないけれどいずれそこに戻る予定である、という空き家状態の戸建住宅やマンションはどんどん増えています。
そういった住宅には、今は住んではいないけれど、思い入れがあって売却までは思いきれない、とかいずれその土地に戻る予定があるので売却できない、などの事情があります。
しかし、所有する不動産には毎年の固定費として少なくない固定資産税や、マンションの場合であれば管理費・修繕積立金などが掛かってきます。
一戸建ても長い間人がはいらないと空気がよどんで地面から上がってくる湿気などによって建物が傷んだり、壁や屋根の塗装が劣化して雨漏りなどのダメージが発生する可能性もあり、人が住まないと状態がどんどん荒れてしまうのだという事情が発生してきます。
住宅・マンションは、ただ所有しているだけでは、そういったコストがかかるばかりで、オーナー的には負担の重い赤字状態になってしまうのです。
よって、そういったマンションなどを貸したい、という個人のオーナーさんが増えています。
家賃収入を固定資産税や必要経費、また、将来のリフォームのための予算として貯めておくこともできるからです。

マンション 貸したい【東急リバブル】